戦場ヶ原(栃木・奥日光)+ 輪行サイクリングナビ 【栃木サイクリング】

サイクリングナビ
サイクリングコース 関東地方
 
手帳 サイクリングナビ メモ板 自転車道一覧 メモ板 サイクリング先 メモ板 自転車パーツ メモ板 自転車ルール メモ板 自転車女子
 
自転車 場所 サイクリング スポット

戦場ヶ原栃木 観光輪行サイクリングコース

戦場ヶ原 奥日光
戦場ヶ原 - 戦場ヶ原/三本松園地/竜頭の滝 日光国立公園

 

戦場ヶ原は「奥日光」の自然エリア。戦場ヶ原はいろは坂を上った中禅寺湖の先にある標高1400mの高層湿原。

国道120号線が戦場ヶ原を横断する道路になっており、付近には三本松園地という休憩所を兼ねた駐車場が整備されています。

 

日光地域、鬼怒川・栗山地域、那須甲子・塩原地域の三地域にまたがる国立公園地域・日光。
栃木県の県庁所在地・宇都宮からも近い、自然と歴史を持った観光地域として昔から人気のあるエリア。

 

日光国立公園・奥日光エリアは自然地域。赤沼茶屋から三本松園地までの間に湿原が現れる。

 

 

サイクリングナビ サイクリングロード 自転車道 紅葉 観光地 サイクリング
自転車 パーツ サドル 女性 女子 休日 趣味 自転車 ルール 法律

 

 

 

自転車 場所 サイクリング スポット
自転車サイクリングの距離感 都道府県庁駅中距離サイクリングの距離感
【参考輪行コース】 日光駅⇒中禅寺湖・中宮祠
サイクリングコース例
- 片道約28km
【参考輪行コース】 宇都宮駅⇒戦場ヶ原
サイクリングコース例
- 片道約67km

 

ロードバイククロスバイクマウンテンバイク サイクリングを楽しむための自転車用品ばなし

バーエンドバー
フラットバーハンドルの バーエンドバー ~クロスバイク・マウンテンバイク

サイクリング自体が楽しいクロスバイクやマウンテンバイク。長時間走行する事が全く「苦」ではなく、むしろ乗っている時間が長い方が幸せな時間という珍しい移動時間です。

楽しいサイクリングタイムには変わりがないのですが、「長時間」の場合、フラットバー(T字のハンドル)のクロスバイクやマウンテンバイクはハンドルの持ち方(姿勢)が一通りしかない『固定』ので、疲れを感じやすいかもしれません。そんな時に腕や身体の位置や角度を別の姿勢にずらしてくれるのがバーエンドバー。

中距離も普通に走る人におすすめの自転車パーツです。

楽天市場で「バーエンドバー」を直接検索 >> アマゾンで「バーエンドバー」を直接検索 >>

 

サイクリング+一般道の観光サイクリングスポットナビ
   
全国サイクリングスポット 北海道のサイクリングスポット 東北のサイクリングスポット 関東のサイクリングスポット
中部のサイクリングスポット 近畿のサイクリングスポット 中国のサイクリングスポット 四国のサイクリングスポット
九州のサイクリングスポット しまなみ海道レポート 東京のサイクリングスポット サイクリングナビ

 

 

 

自転車 場所 サイクリング スポット
戦場ヶ原 奥日光

奥日光戦場ヶ原 - 日光国立公園

戦場ヶ原の湿原地帯は立ち入り禁止。でも、赤沼茶屋付近から湯ノ湖の湯滝レストハウスあたりまで戦場ヶ原を望みながら歩ける散策路(約5km)があるので、ハイキングも楽しめます。国道120号線沿いでは三本松園地の付近に戦場ヶ原展望所があり、木道から戦場ヶ原の自然美を観察することができます。

ここから見える男体山は中禅寺湖からの登山道の山体の真裏に当たる位置関係です。

 

 

戦場ヶ原 奥日光
【 奥日光・戦場ヶ原 】 三本松園地近くにある戦場ヶ原展望所。見晴らしのいい湿原地帯を一望できます。

 

男体山 戦場ヶ原 奥日光 戦場ヶ原 奥日光 戦場ヶ原 奥日光
【 奥日光・戦場ヶ原 】
三本松園地から朝日の男体山
【 戦場ヶ原 】 左に戦場ヶ原、
右に写ってないけど男体山
【 奥日光・戦場ヶ原 】
中禅寺湖方面を振り返る

 

戦場ヶ原 奥日光 戦場ヶ原 奥日光
【 奥日光・戦場ヶ原 】 戦場ヶ原を観察。小鳥が鳴いています 【 奥日光・戦場ヶ原 】 120号線沿いの展望所入口
戦場ヶ原 奥日光 戦場ヶ原 奥日光
【 戦場ヶ原 】 戦場ヶ原自然研究路・日光てくてく歩道 【 戦場ヶ原 】 平らな湿原は無理のないハイキング道

 

戦場ヶ原 奥日光
【 奥日光・戦場ヶ原 】 日光から尾瀬へ続く国道120号線沿いの場所なので交通量もそこそこあり、クマは歩いてません。

 

戦場ヶ原 奥日光 戦場ヶ原 奥日光
【 奥日光・戦場ヶ原 】 湿原はズボズボ歩けません 【 奥日光・戦場ヶ原 】 三本松の展望所で一休みしよう

 

サイクリングLEDテールライト ピックアップ ~ 対追い越し自動車対策・高輝度発光系テールライト ~
TL-LD710-R
ラピッドX2
TL-LD650
ラピッド5
TL-LD630-R
ラピッド3
TL-LD635-R
ラピッドミニ
TL-LD155-R
オムニ5
楽天市場で「キャットアイ テールライト」を直接検索 >> アマゾンで「キャットアイ テールライト」を直接検索 >>

 

 

自転車 場所 サイクリング スポット
戦場ヶ原

戦場ヶ原のいわれ - 日光国立公園

二荒の神の化身の大蛇と赤城の神の化身の大ムカデが中禅寺湖をめぐって争いを始めたが、自分の孫にあたる弓の名手猿丸の力により二荒の神が勝利を収めた。この戦いで流れた血でできた沼を「赤沼」、また勝利を決した浜を「勝負が浜(菖蒲ヶ浜)」大決戦場を「戦場ヶ原」と呼ぶようになったと言われている。

『三本松園地の光徳周辺案内図解説より』

 

三本松園地 戦場ヶ原 奥日光 三本松園地 戦場ヶ原 奥日光
【 戦場ヶ原・三本松園地 】 展望所の正面にある三本松園地 【 三本松園地 】 売店や自販機がある駐車場です
三本松園地 戦場ヶ原 奥日光 三本松園地 戦場ヶ原 奥日光
【 三本松園地 】 芝生で整地された園地はキャンプ禁止 【 三本松園地 】 戦場ヶ原周辺はハイキングし放題

 

サイクリング用品 目的地サイクリング用品
サイクリングウェア サイクルコンピューター
LEDヘッドライト LEDテールライト
700Cタイヤ フレームポンプ
輪行袋 サイクリングバッグ

 

登山用品 アウトドア登山用品
トレッキングシューズ 登山ウェア
トレッキングポール 登山用リュック
リュックカバー    
       

 

キャンプ用品 野外泊キャンプ用品
テント バーナー
LEDランタン 寝袋
LEDヘッドライト キャンピングチェア
モバイルバッテリー    

 

写真撮影・カメラ用品 観光地写真撮影カメラ用品
三脚 一脚
自由雲台 クイックシュー
サーキュラーPL NDフィルター
一眼レフ用カメラバッグ カメラ女子用カメラバッグ

 

 

 

 

自転車 場所 サイクリング スポット
竜頭の滝 奥日光

奥日光竜頭の滝 - 奥日光三名瀑

戦場ヶ原の先にある「湯ノ湖」から中禅寺湖へ流れる湯川の流れの滝が竜頭の滝。国道120号線沿いに下流の観瀑台からの二筋の流れのほか、上流側まで竜頭の滝沿いを歩ける散策路もあります。

写真は下流の観瀑台のある竜頭の滝園地での一コマ。昔からある龍頭之茶屋という休憩所の奥から二つに分かれた竜頭の滝の頭部分を眺めることができます。

 

 

竜頭の滝 奥日光
【 日光国立公園 奥日光・竜頭の滝 】 華厳の滝・湯滝と並ぶ奥日光三名瀑のひとつ、竜頭の滝。

 

竜頭の滝 奥日光 竜頭の滝 奥日光
【 竜頭の滝 】 国道120号線沿いのためすぐにわかる 【 竜頭の滝 】 駐車場にある竜頭の滝園地ガイド
竜頭の滝 奥日光 竜頭の滝 奥日光
【 竜頭の滝 】 看板的なモノも撮っておこう。散策路もあるよ 【 竜頭の滝 】 龍頭之茶屋にお邪魔して写真だけ撮っちゃう

 

竜頭の滝 奥日光
【 日光国立公園 奥日光・竜頭の滝 】 時間がある人は川(竜頭の滝)沿いを歩いてみましょう。国道120号線にひょっこり出ます。

 

 

 

自転車 場所 サイクリング スポット

 

奥日光 二荒山神社 中宮祠

日光国立公園周辺地域 - 日光の社寺日光)と自然地域奥日光

日光地域は世界遺産の社寺のある市街地「日光」と、竜頭の滝や金精峠・湯元温泉や日光連山のある「奥日光」に分かれて紹介されます。一般的に電車などの公共交通機関に乏しい広範囲が日光のため、奥日光の「山」の地域(=奥日光)はしっかり分割して考える必要があるでしょう。

当サイトでは「自転車・サイクリング」の視点から、いろは坂から上のエリアを奥日光としています。

 

【 自転車+サイクリングの距離感 】 宇都宮駅から奥日光・戦場ヶ原までの距離・サイクリングコース例 - 片道約67km

 

日光地域日光駅日光の社寺地区

☆『日光駅 - JR東日本日光線の日光駅と、東武鉄道日光線の東武日光駅があり、国道119・120号線「日本ロマンチック街道」が奥日光や尾瀬へ続く。
☆『日光の社寺 - 世界遺産に登録されている日光の社寺エリアは「神橋」から先。日光駅から1.9kmの歴史文化財地域。二荒山神社本社や東照宮がある。

 

奥日光地域いろは坂中禅寺湖男体山戦場ヶ原湯ノ湖日光湯元日光白根山地区

☆『いろは坂 - 市街地である日光社寺地区から山の地区へのくねくね峠道がいろは坂。社寺の神橋からいろは坂入口の馬返しまで11km。
☆『中禅寺湖 - いろは坂を上りきった高地の湖。華厳の滝は中禅寺湖の水の流れ。二荒山神社の鳥居の先には男体山の登山口でもある二荒山神社中宮祠。

【サイクリングナビの特集ページ】中禅寺湖 - 奥日光

 

日光 日光駅 東武日光駅 日光 日光の社寺 奥日光 いろは坂 奥日光 華厳の滝
【 日光駅周辺 】 【 日光の社寺 】 【 いろは坂 】 【 華厳の滝 】

 

☆『二荒山神社中宮祠男体山 - 百名山の男体山は二荒山神社の所有地(御神体)。登山口は神社(中宮祠)の奥にある。

☆『戦場ヶ原 - 中禅寺湖沿いを進むと竜頭の滝があり、その先に三本松園地前に広々とした高層湿原の戦場ヶ原。合戦場ではなく神様の闘いの場所。

【サイクリングナビの特集ページ】戦場ヶ原 - 奥日光男体山 - 栃木

 

奥日光 中禅寺湖 奥日光 二荒山神社 中宮祠 奥日光 男体山 二荒山大神
【 中禅寺湖 】 【 二荒山神社中宮祠 】 【 男体山 】 【 男体山山頂 】

 

奥日光 竜頭の滝 奥日光 戦場ヶ原
【 奥日光エリア・竜頭の滝 】 中禅寺湖の北にある滝 【 奥日光エリア・戦場ヶ原 】 てくてく歩道もある高層湿原

 

☆『湯ノ湖湯滝 - 戦場ヶ原の赤沼茶屋から湯滝レストハウスまでは3.9km。湯滝は奥日光三名瀑のひとつ。
☆『日光湯元 - 国道120号線的には湯ノ湖の裏側(脇道)。温泉・キャンプ場・スキー場・ビジターセンターなど、奥日光の賑やか拠点。
☆『日光白根山 - 金精トンネルから先は群馬県。「菅沼(菅沼キャンプ場)」「丸沼(丸沼高原スキー場・丸沼高原オートキャンプ場)」「大尻沼」があり、「日光白根山ロープウェー」等で百名山の日光白根山へ登山できる。

【サイクリングナビの特集ページ】湯ノ湖&湯滝 - 奥日光

 

奥日光 湯ノ湖 奥日光 湯滝 奥日光 湯元温泉 奥日光 菅沼キャンプ場
【 湯ノ湖 】 【 湯滝 】 【 日光湯元 】 【 菅沼キャンプ場 】

 

ロード/クロス/マウンテンバイク用 泥除けフェンダー ピックアップ ~ 出先での雨・濡れた路面走行対策 ~
ゼファール CROOZER ROAD&SWAN ROAD
アキワールド
FD-SW-039
フリンガー
ロードフェンダーセット
トピーク
RC1/RC11
サイクルデザイン
700Cx23-28用フェンダー
楽天市場で「自転車用フェンダー」を直接検索 >> アマゾンで「フェンダー」を直接検索 >>
楽天市場で「ゼファール フェンダー」を直接検索 >> アマゾンで「ゼファール フェンダー」を直接検索 >>
楽天市場で「フリンガー フェンダー」を直接検索 >> アマゾンで「フリンガー フェンダー」を直接検索 >>
楽天市場で「トピーク フェンダー」を直接検索 >> アマゾンで「トピーク フェンダー」を直接検索 >>

 

 

自転車の方が安い上にガソリンも駐車場もお金がかからず、とても気軽です。
ロードバイクなら100キロ、クロスバイクでも50キロ程度の距離はそれほど無理な距離でもありません。

もし、100km圏内など自転車で行ける範囲の地域がありましたら、掲載写真や現地の情報に目を通しながらお楽しみください。

 


 

自転車 場所 サイクリング スポット
サイクリングコース 関東地方
公開中 未公開 ダンボー 紅葉
【 公開中 】 サイクリング目的地 【 たぶん 】 特集予定の地域 【 予備 】 増えるかもしれない 【 目次 】 散策地トップページ

 

◆ 関東地方(東京都内を除く)のサイクリング散策地

戦場ヶ原 奥日光
戦場ヶ原 - 奥日光
湯滝 奥日光
湯ノ湖&湯滝 - 奥日光
中禅寺湖 奥日光
中禅寺湖 - 奥日光
男体山
男体山 - 栃木
日光の社寺
日光の社寺 - 日光
尾瀬ヶ原
尾瀬ヶ原・山ノ鼻 - 群馬
至仏山
至仏山 - 群馬
吹割の滝
吹割の滝 - 群馬
箱根・芦ノ湖
箱根・芦ノ湖 - 神奈川
筑波山
筑波山 - 茨城
幕張新都心
幕張新都心 - 千葉
御蛇ヶ池 - 千葉
犬吠埼
犬吠埼 - 千葉
ダンボー
予備欄
ダンボー
-
ダンボー
-
ダンボー
-
サイクリングコース 関東地方
関東サイクリング

 

 

至仏山
至仏山
男体山
男体山
筑波山
筑波山
ダンボー
予備欄
ダンボー
-
ダンボー
-

 

【※掲載写真は現地撮影のオリジナル写真です。(著作権を有しています)関係者以外の加工利用等は禁止です。】


 

自転車 場所 サイクリング スポット
 
全国 北海道 東北地方 関東地方 中部地方 近畿地方
中国地方 四国地方 九州地方 しまなみ海道 東京地方 サイクリングナビ X

 

自転車+サイクリングを完全肯定していこう。

 

【週末や休日、大型連休にどこかにお出掛け!自転車で行こう!】・・・何か違和感を感じませんか???
え!?自転車ってそこは普通、クルマじゃないの? ^^;・・・・・・と、、、いうような感覚、日本では少なくないのではないでしょうか?

でも、自分の価値観はどうなんだろう?さあ、日常をタダで楽しみたい人、自転車でお出掛けしていこう。

 

 


メッセージ
サイクリングナビ
自転車 サイクリング キャットアイ
サイクリングナビ サイクリングロード 自転車道 紅葉 観光地 サイクリング
自転車 パーツ サドル 女性 女子 休日 趣味 自転車 ルール 法律