神崎鼻へサイクリング!

長崎県内自転車散策


神崎鼻×自転車サイクリング

神崎鼻 夕日
本土最西端に沈む夕日

九州最西端の岬・神崎鼻(こうざきばな)は同時に日本本土最西端の岬。視界の先には海を挟んだ対岸に平戸島。中間の小島は上枯木島&下枯木島、伊島、幸ノ小島、南(左)の海には有人島の黒島が浮かんでいます。

神崎鼻の歴史&概要

岬の先端部は神崎鼻公園となっている。入園自由。最先端部に北松浦郡小佐々町(現・佐世保市)が建立した「日本本土最西端」を示すモニュメントがある。岬の前に広がるのは五島灘から続く海。

引用 - Wikipedia[神崎鼻

神崎鼻×自転車+てくてく散策ガイド

神崎鼻公園

神崎鼻公園の駐車場

夕暮れ間近、九州最西端の岬・神崎鼻(こうざきばな)へ。

九州(島)の最西端=離島を除いた「本土」の最西端という事で、佐世保市さん、頑張ってます。

神崎鼻公園

神崎鼻公園は芝生で整備

円形の水の無いプールのような場所は巨大な日本列島のタイル地図。

四極交流盟約という本土の(離島を含まない)東西南北の市と友好親善を結び、稚内市(宗谷岬)・根室市(納沙布岬)・南大隅町(佐多岬)の紹介が書かれていました。

(全箇所サイクリングナビで紹介予定)

神崎鼻公園

マイナーだけど眺めは抜群

神崎鼻は本土最西端の場所。

駐車場こそ民家直近の簡素な場所でしたが、派手な観光地化もなく、いい感じの岬です。

神崎鼻公園

平戸島に夕日が沈んでいく

夕日が沈んでいく先は外国ではなく平戸島。離島ですが、橋でつながっていて3万人が住んでいます。

ちなみに平戸島の西には五島列島が続きますので、日本の最果てではありません。

神崎鼻公園

多島海の夕焼けの美しさ

北側を眺めると九十九島が見えるような見えないような。

写真は夕日が入っているので暗く見えますが、太陽が沈む前は実際はまだ明るいです。

神崎鼻公園

本当の最西端へ行ってみよう

直径11mの巨大な日本地図のあった地点は実は日本本土最西端の場所ではありません。

「日本本土最西端の碑」の場所付近から海岸へ通じる階段を下ると「日本本土最西端のシンボル塔(モニュメント)」が立っています。

神崎鼻公園

日本本土最西端のモニュメント

磯まで降りられる海中遊歩道が伸びているので、余裕のある人はせっかくなので歩き回ってみましょう。

神崎鼻公園

絵になる構図で写真撮影

ある夏の夕暮れに訪れたのですが、ガラガラの駐車場からわかる通り、ほぼ人がいません。

一眼レフで写真を撮りたかったので好都合。

神崎鼻公園

モニュメントの下には最西端の石碑

トイレ&民家のある駐車場から200mくらいの場所です。

階段下は磯遊びができる岩場で、地元の女子高生がふたり、カニやワカメをつついて遊んでおりました。(^-^)

神崎鼻公園

日本本土最西端の碑

ロードバイクやクロスバイク、マウンテンバイクでのサイクリングはもちろん、旅行やドライブ、ツーリングの目的地・候補地としても参考にしてみてください。


調べる&サイクリング便利メモ
  1. 神崎鼻公園(本土最西端)-佐世保市

神崎鼻~佐世保駅→11km、神崎鼻~長崎駅→90km。



Back to top