千里浜へサイクリング!

石川県内自転車散策


千里浜×自転車サイクリング

千里浜 バイク
千里浜なぎさハイウェイにて

通称千里浜なぎさハイウェイは自転車や歩行者も通行可能。打ち寄せて引いていく日本海の波を見ながら固く締まった砂浜を走ることができる変わったタイプの公道。マウンテンバイク向きではあるものの、見に行くだけでも良い目的地になりそう。

千里浜なぎさハイウェイの歴史&概要

春から秋にかけて浜焼きなどを売る茶店が並び、夏場はマリンスポーツや海水浴客などでにぎわう。また、渚(なぎさ)から日本海に沈む夕日を見る絶景ポイントとして知られる。

引用 - Wikipedia[千里浜なぎさドライブウェイ

千里浜×自転車+てくてく散策ガイド

千里浜 観光バス

波打ち際でも観光バスが走る「公道」

海辺に車が侵入する場所は多々あれど、道路標識があり、移動手段の道路として砂浜が利用されている場所はかなり珍しいらしい。

実質的な砂浜道路区間の距離は8kmで、九十九里浜のような長い砂浜が道路運用されており、車やバイクが「通行」している。

千里浜 なぎさドライブウェイ

大伴家持歌碑近くの石碑

実際には国道249号や159号が並走するように南北に縦断しているので、海外の砂漠を通過する唯一の道というモノではなく、お遊びの観光道路。

「固い砂地」なので、ロードバイクの23Cタイヤはさすがに不向き。28Cのクロスバイクならいけそうです。

基本的に遠浅の海水浴場であり、ところどころデコボコしているのでマイカーの人は飛ばすとクルマが壊れます。

千里浜 なぎさドライブウェイ

千里浜レストハウスでトイレ&軽食休憩

海岸そのものが道路なので、その気になれば車で海に入水できてしまう珍しい場所。所々で路駐(※砂浜)し、釣りをする人がいたり、観光バスやオートバイが柵やアスファルトの無い道路風景を楽しむように走り抜けています。

千里浜はアカウミガメが産卵するために上陸する産卵地。徳島県の大浜海岸と静岡県の御前崎だけが国の天然記念物に指定されていますが、アカウミガメさん、絶滅危惧種です。

千里浜 アカウミガメの産卵地

上陸地だけど道路という悲しい矛盾

千里浜の近くにはいしかわ大規模自転車道があり、北から羽咋健民自転車道能登海浜自転車道加賀海浜自転車道小松加賀健民自転車道の自転車道があります。

ロードバイクやクロスバイク、マウンテンバイクでのサイクリングはもちろん、旅行やドライブ、ツーリングの目的地・候補地としても参考にしてみてください。


調べる&サイクリング便利メモ
  1. ほっと石川旅ねっと 公益サイト
  2. 千里浜レストハウス 公式サイト

今浜海水浴場~高岡駅→36km、今浜海水浴場~金沢駅→33km。



Back to top